第4期 5回目授業のご報告

Pocket

 
 とっとり琴浦熱中小学校の第4期第5回授業は2月20日、琴浦町まなびタウンとうはく大ホールで、一般に公開する形式(オープンスクール)で開催しました。

 講師は、日本郵政社長の増田寛也先生と、立命館大学准教授の開沼博先生。コロナ感染防止のため東京からのリモート授業になりましたが、著名な講師とあって計90人の参加があり、にぎやかで熱気あふれる授業になりました。
 
 生徒会メンバー3人による活動報告もあり、地域を元気にする日頃の活動について、それぞれがパワーポイントを使って発表。先生からも「活気ある琴浦熱中小学校の雰囲気を感じました」と高評価をいただきました。
来期(第5期)の生徒募集もこの日から始まり、オープンスクールの成功を受けて好スタートを切ることが出来ました。


熱気あふれる会場。遠隔地で授業を受けるオンライン受講者も増えてきた。


増田先生授業。「東京から地方への人口移動が起き始めている」
地方がいま何をすべきか、考えさせられた。



開沼先生の授業。「災害」を社会学の視点で話され、これまでにない気づきがりました



竹歳誠校長が東京からオンライン挨拶。
こんなこともできる世の中になったことを実感。


増田先生へ質問する参加者。オンライン受講者にも見えるようにカメラの前で。


熱中小学校のPR動画を制作した体験を発表する生徒

Facebook Comments Box

Follow me!

関連記事一覧

  1. 第3期入学式

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
PAGE TOP