2019.7月 授業

Pocket

1時限は鹿熊勤先生による『自然と人間ー日本人の植物利用』と題した理科の授業。

世界にある9,000種の植物全てが人の役に立つというお話をいろんな例を挙げて教えていただきました。

適材適所、人の個性の活かし方に通じると結ばれました。

2限目は兎洞武揚先生による『ブランディングの本質を語る』という授業。
兎洞先生が実際に手がけられた自動車とラーメンのテレビCMを例に、ブランドの本質について解説いただきました。
ブランディングで大切なのは、
 ・独自であること
 ・心に響くこと
 ・役に立つこと
そして目指したいイメージと、その世界観が重要だとのことでした。

3限目は斎藤紀男先生から、『人類再び月へ ~宇宙最新情報あれこれ』という夢のあるお話を伺いました。
今年はアポロ11号月面着陸から50周年。
これまでの宇宙開発の成功と失敗の歴史をたどり、国主導から民間での宇宙ビジネスという次のフェーズに向かうといったお話を聞き、宇宙をグッと身近に感じられる1時間となりました。

Facebook Comments

Follow me!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP